流動outside〜RYUDOU OUTSIDE〜

GPS分析サービス
商圏全体をスキャニングする屋外計測ソリューション
全国約2,500万人のスマートフォン所有者の
行動データをもとに自店に訪れるお客様・他店に訪れるお客様の来店人数や行動エリアを分析できるサービス
モニターアンテナ
「会員カード/アンケート」で把握できなかった
お客様の流入/流出データの分析が可能に!
流動アウトサイド〜RYUDOU OUTSIDE〜

GPS分析サービス

流動outsideとは?

既存顧客(≠新規客の開拓)を囲いこむためには正確な情報を把握することが必要です。

流動outsideは、全国約2,500万人の行動データ(無意識データ)をもとに、
自店や競合店に訪れるお客様の来店傾向や行動エリア・ライフスタイルを分析し
施策実行、振り返りまでをワンストップで行えるサービスです。
流動outsideのGPS分析イメージ
  • 来店回数/人数

    新規顧客とリピート顧客の行動、競合との把握・比較をすることができます。
    来店回数/人数
  • 併用分析

    自店と競合や近隣のイベント・レジャー施設等との併用率を把握できます。
    併用分析イメージ
  • 想定居住地/勤務地

    お客様の想定居住地や想定勤務地などの活動圏を分析できます。
    想定居住地/勤務地など活動圏分析イメージ
  • ポテンシャル分析

    自店・競合における商圏居住者に対する来店者の主客ギャップを可視化。
    ポテンシャル分析

位置情報を活用したマーケティングデータだけじゃない

何が違う?
ipocaの流動outside

店外の行動に加えて属性や趣味嗜好・ライフスタイルデータなどを組み合わせることにより、 独自のマーケティングデータから、今まで見えてこなかったお客様の行動が明らかに。
「膨大なデータの活用方法がわからない」という場合もご安心ください。 ipocaが蓄積してきたノウハウで的確な打ち手を導き出し、問題解決方法をご提案しております。
流動outsideの分析グラフ

攻めと守りの、手を抜かないデータ分析を!

進化し続ける流動outside?

ipocaの流動outsideは、刻々と変わっていく世の中に先んじて、サービス開始から日々進化し続けています。

・屋内測位(流動inside zero)との連携

施設内で既に設置されているWi-Fi端末を活用してGPSでは補足できない高さの概念を含めた分析をすることができ、広告配信やアンケート配信につなげられるようになりました。

・来館者ライフスタイル分析

国勢調査や地価公示データを基に分析したジオデモグラフィックデータと突合することでより詳しくターゲットが明確になりました。

・過去データの取得

2019年1月以降の過去データを遡って取得し、導入開始から前年比較できるようになりました。
進化しつづける流動outside
適切なデータ活用が行われることで、競合と一線を画す分析、打ち手、集客を行うことができ、商圏内のターゲットやニーズに合った施策により、シェア率、売上UPにつながって参ります。

分析アウトプットから打ち手ご提案までサポート

流動outside活用事例

CASE
01

距離別来館データで核テナント
入替えの効果測定

施設の課題

核テナントの入替え効果測定

  • 広域からの来館を狙いテナント入替え
  • 入替え後の売上が伸びなかった
  • カード分析データにも変化がない
  • 効果測定ができない中での打ち手が課題
こうして解決!

距離別来館データで効果測定

  • 30km以上からの来館が伸びていた
  • 狙うエリアにSNS広告と折込チラシ配布
  • 結果、集客に成功
※実データのため、特定に結びつくデータは伏せております。
広域からの来店増加を確認できた
CASE
02

正しいコスト配分で
チラシ・WEB広告を最適化

スーパーマーケットの課題

広告コストの配分をどうするか

  • デジタル化をすすめたい
  • どのエリアが効果があるか不明
  • セール時にはチラシを30〜40万部配布
  • 効果検証が出来ないまま前年踏襲で実施
こうして解決!

効果検証から次の打ち手へ

  • 配布エリア、人口、部数から効果検証
  • 3ヶ月効果が低いエリアはWEB広告に
  • コストを抑えつつ情報発信を増やせた
  • デジタル化がすすんだ
反応見込からチラシの配分を決定
※実データのため、特定に結びつくデータは伏せております。
反応見込からチラシの配分を決定
CASE
03

イベント施設との相乗効果を狙う確信的なリーシング

施設の課題

来館者の属性がわからない

  • 隣接イベント施設の来館影響を知りたい
  • イベントスケジュールは把握できている
  • イベント開催時で来館客層が変化
  • 効果検証が出来ないまま前年踏襲で実施
こうして解決!

当日買い周りで来館者分析

  • イベント開催時の来館者数が見えた
  • イベント施設との併用具合も明らかになった
  • 来館者属性と併用の分析結果を参考にリーシングに活用することになった
来館者の併用タイミングが明らかに
※実データのため、特定に結びつくデータは伏せております。
来館者の併用タイミングが明らかに
CASE
04

想定外エリアからの来館ユーザへ位置情報広告を配信

施設の課題

どのエリアに広告を打つのか?

  • 近隣の富裕層地区がメインターゲット
  • 次の注力エリアをどこにするかが課題
  • 頻度の高い利用者の来館は把握済み
  • カード会員以外の来館状況は未把握
こうして解決!

来館者の居住地エリアに注目

  • 来館者とカード会員情報との比較分析
  • 来館者の居住地エリアランキングを作成
  • 都心富裕層エリアの若い世代もランクイン
  • 位置情報広告を活用し来館促進に成功
カード分析で気づけなかったエリアを発見
※実データのため、特定に結びつくデータは伏せております。
カード分析で気づけなかったエリアを発見
CASE
05

来館者の趣味嗜好傾向から集客効果の高いイベントを決定

施設の課題

街の特徴を施設に活かせていない

  • 街の特徴を活かす
  • 来館目的の明確な仮説がない
  • 競合利用や併用利用先がわからない
  • どの競合からシェア奪還を狙うか
こうして解決!

来街者の併用先を発見

  • 競合地点を複数設定し併用先を探す
  • 併用先は家電量販店やアニメ専門店など
  • 来館者の趣味嗜好にあったPOPUPストアの導入とイベント実施を決定
来館者の趣味嗜好からニーズが見えてき
※実データのため、特定に結びつくデータは伏せております。
来館者の趣味嗜好からニーズが見えてきた
CASE
06

核テナントスーパーマーケットの路線を来館者層を分析して決定

施設の課題

お客様の属性が見えない

  • カード会員の売上構成比が20%
  • 80%のお客様情報が全く見えない
  • 核テナントスーパーのリーシングで高級路線かリーズナブルかで迷っている
こうして解決!

ライフスタイル分析を把握

  • 商圏エリアと自館来館者の特徴を比較
  • サラリーマンファミリー層が多いと判明
  • コストを抑えつつ情報発信を増やせた
  • 核テナントスーパーのリーシングを高級路線からリーズナブル路線へ変更
商圏と自館のお客様層の相違を発見
※実データのため、特定に結びつくデータは伏せております。
商圏と自館のお客様層の相違を発見

流動outsideの資料請求はこちら