導入・活用事例

スマホ起点の行動データ(位置情報やネット検索結果、購買履歴)を活用したデジタルマーケティングで
自店の強みを生かした新規集客やリピーター率向上、コスト最適化などにご活用いただいております。

折込チラシの配布エリア最適化で前年比30%コストカットを実現

導入・活用事例、スーパーマーケット 2020/07/07

スーパーマーケットの折込チラシの配布エリアについてご相談いただきました。店舗での課題はあるものの、不明点が多く、判断に困っておられました。

店舗様の課題と解決までの流れ

○ デジタル化をすすめたい
○ どのエリアが効果があるか不明
○ 通常時は近隣エリアを中心に配布
○ 効果検証が出来ないまま前年踏襲でエリア選定を実施

セグメント・ターゲティングができる

早速、流動outsideで周辺状況を分析をしてみると、
どのエリアに、チラシを配布すると効果が高いのか?
チラシよりもデジタル広告のほうが効果が高いエリアはあるのか?といったことが見えてきました。
流動outsideのデータ分析をもとに地域・属性でセグメント。
広告を届けたい人にピンポイントで届けることができます。

効果測定(来店計測)ができる

ターゲティング広告の結果を、施策前後で比較。
お客様一人当たりいくらで集客できたのかがわかります。
ターゲティングでより効果的に、かつ来店計測までできる「流動outside」で、
チラシを大幅に削減し、コストを最適化することに成功いたしました。
このケースのように、ipocaでは、課題ごとに必要な調査(データ)を選定し、
アクションプラン設計、実施、分析までお客様に寄り添った
最適な課題解決のサポートをさせていただいております。

課題解決のご相談は、お気軽にこちらからお問い合わせください。