導入・活用事例

スマホ起点の行動データ(位置情報やネット検索結果、購買履歴)を活用したデジタルマーケティングで
自店の強みを生かした新規集客やリピーター率向上、コスト最適化などにご活用いただいております。

1キロ圏内にアプローチ出来ていないエリアを発見。位置情報広告を配信し来店促進に成功!

導入・活用事例、スーパーマーケット、商業施設 2020/08/07

近隣の富裕層地区がメインターゲットとなっている店舗様。
頻度の高い利用者は、カード会員の情報によって把握済みでしたが、それ以外のお客様がどこから来られているのか把握できていない、とのご相談をいただきました。
早速、流動outsideで、自店利用者の分析と趣味嗜好分析を実施し、来店者とカード会員情報との比較をいたしました。
来店者の居住地エリアランキングを作成したところ、都心富裕層エリアの若い世代もランクインしていることがわかりました。
位置情報広告を活用したことで来店促進に成功したと、嬉しい結果のご連絡をいただきました。
このケースのように、ipocaでは、課題ごとに必要な調査(データ)を選定し、
アクションプラン設計、実施、分析までお客様に寄り添った
最適な課題解決のサポートをさせていただいております。
課題解決のご相談は、お気軽にこちらからお問い合わせください。