IPOCA Blog

【NEWオープンSC】渋谷スクランブルスクエアでアプリ使ってみた

ブログ、マーケティング 2019/11/08

こんにちは!
再開発が進む渋谷で、11月1日、新たな商業施設「渋谷スクランブルスクエア」がオープンしました。

 

 

皆さんはもう渋谷スクランブルスクエアに行きましたか?
今回は、渋谷スクランブルスクエアに行き、「渋谷スクランブルスクエアアプリ」を実際に使ってみました!
小売流通に精通するipocaならではの目線でその様子をレポートします。


 

■渋谷スクランブルスクエアアプリとは?

渋谷スクランブルスクエアアプリは、施設や各ショップの最新情報をチェックできるだけでなく、お買い物でポイントを貯めたり使ったり、オトクなクーポンをゲットできるアプリです。

このアプリ、特に注目すべきポイントは「アプリ決済」でスマートにお買い物ができるところです。
提携クレジットカードをアプリに登録すると、ショップで提示されるQRコードを読み取るだけで、支払いが完了します。さらに、支払い時に、ポイントやクーポンを同時に利用できるのです。

アプリでの決済をぜひ体験してみたい!ということで、実際に渋谷スクランブルスクエアに行ってきました。
これから行かれる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

参照元:
https://www.shibuya-scramble-square.com/app/


 

■まずは登録

○STEP1 基本情報の入力

初めに、お客様情報の入力をします。氏名や性別、生年月日など基本的な情報ですね。
あらかじめダウンロードして登録を済ませたので、入力時は「紹介コード」がよくわかりませんでしたが、店舗にあるこちらのカードの裏側に、なんと紹介コードの記載がありました!(紹介コードの数字の部分は伏せさせていただきます。)

 

○STEP2 決済方法の入力

登録が完了すると、決済方法を選択します。
「.Pay(ドットペイ)」か「クレジットカード」の選択になります。
クレジットカードは、TOKYU CARD / ビューカード / To Me CARDのみ提携しており、それ以外のクレジットカードは登録できません。
筆者は提携カードを保有していたので、クレジットカードを選択しました。
カードの選択肢が比較的少ないので、提携カードを保有していない方にとっては少し煩わしいかもしれませんね。

決済方法の選択が終わると、アプリで決済が可能になりました。

決済アプリはセキュリティの面が非常に重要なので、
基本情報の登録や決済のための2段階認証など入力する部分が多くなっています。
どうしても一般的なSCアプリの登録よりは時間がかかってしまった印象がありました。


 

■いざ、渋谷スクランブルスクエアへ!

やってきました!渋谷スクランブルスクエアです。

スタイリッシュなビルの外観ですね。

今回行ったのは、商業施設であるShop&Restaurantフロアです。地下2階から地上14階まであり、地下2階~1階がFoodフロア、2階~11階、14階がFashion、Beauty、Lifestylegoodsフロア、12~13階がRestaurantフロアです。
エスカレーターでフロア移動をしている人が多く、エスカレーターのすぐそばでは、アプリのチラシを配っていました。

平日の昼でしたが、どのフロアも多くの人でにぎわっており、その盛況ぶりが感じられました。
年齢層は幅広く、男女比は女性のほうがやや多いかな、といった印象でした。

全フロアを一通り見た後、実際にアプリを使うべくRestaurantフロアへ。
お昼時でどの店も行列ができていました。その中で、おいしそうな天丼屋さんを発見!そこでお昼を食べることに決めました。

店内にもアプリの広告があり、そこで紹介コードを見つけました。

おいしい天丼を食べた後は、いよいよお会計です。
レジで「渋谷スクランブルスクエアアプリでお願いします。」というと、店員さんがタブレットでQRコードを表示してくれました。
そのQRコードを読み取れば決済完了です!
音が鳴るなどの効果付けはなく、決済画面も非常にシンプルで見やすいです。

アプリでの支払いでは、支払い金額100円(税込)につき、物販・レストラン・カフェ3%、食品1%のポイントが貯まります。

使ってみて、アプリで決済しポイント付与まで行われるのは非常に便利に感じました。
しかし、1回目に使用する際、QRコードを読み取ろうとすると、登録したはずの決済手段を再度選択する場面になりました。
その際に、一度設定したクーポンが消え、次に画面が表示されたときにすぐQRコードを読み取ってしまったので、クーポンを利用しそびれてしまいました。
クーポンを利用する際には、少し注意が必要かもしれませんね。

クーポン利用をするべく、東急ハンズでお買い物をしました。
今度は十分気を付けて、無事クーポンを利用することができました。


 

いかがでしたか?

今回、渋谷スクランブルスクエアアプリでの決済を実際に体験してみました。
少し気を付けなくてはいけない部分もありますが、やはり、アプリ一つで決済もポイントを貯めることもできるのはとても便利ですね。

ただ、オープンして間もないこともあり、店舗でアプリ決済をしている人を見ることはほとんどありませんでした。
アプリの登録には少し時間がかかるので、決済時に気づいてすぐ登録する、というのは難しいかもしれません。

今なら登録するだけで500円のクーポン、さらにアプリ決済で1000円のクーポンがもらえるので、
お得にお買い物を楽しみたい方はぜひ一度使ってみてください!

これから、さらにたくさんの方が訪れる中で、アプリ決済の利用者が増えていくかもしれませんね。


 

デジタル化が進み、キャッシュレス決済を行う人が増えてきました。
その流れの中で、多くの商業施設や小売店が自社アプリのリリースを進めています。
多様化するお客様の購買行動を把握し、競争が激化する商圏内でお客様を獲得するには、アプリやPOSデータ分析などが欠かせません。

株式会社ipcoaでは、小売流通に特化したトータルソリューション「everetail(エブリテール)」シリーズを提供しています。
小売店舗向けアプリ「everetail App(エブリテールアプリ)」や購買分析ツール「everetail AI(エブリテールエーアイ)」など、小売企業様の抱える悩みや課題を解決するためのトータルソリューションです。

ipocaのソリューションで、店舗の問題解決のお手伝いをさせていただけたらと思います。

エブリテールシリーズに関する詳細にご興味のある方や、アプリ開発にお悩みの方はぜひお気軽にご相談ください!
お問い合わせはこちらから
su@ipoca.jp