ミセシル導入・活用事例

スマホ起点の行動データ(位置情報やネット検索結果、購買履歴)を活用したデジタルマーケティングで
自店の強みを生かした新規集客やリピーター率向上、コスト最適化などにご活用いただいております。

コロナ禍で売上激減の飲食テナント。誰に向けて広告を配信すれば効果的なのか?

導入・活用事例, 商業施設 2021/04/14

ご相談内容

首都圏近郊のある中型店舗様。コロナ禍で色々な変化がある中で、飲食テナントの売上が厳しい状況。 テイクアウトを訴求して集客・売上貢献を狙いたいが、果たして誰に訴求するのが効果的なのか?とご相談いただきました。

調査の内容

早速、仮説を立てました。 ランチのテイクアウト需要が多い可能性があるのは?
・近隣のオフィスワーカー ・駅利用者 ・過去に自店に来店したことがある方
この3つセグメントに位置情報広告の流動outsideADでテイクアウト訴求を配信しました。

調査の結果から分かったこと

広告を配信した結果、一人当たり呼ぶ来店獲得単価は、近隣のオフィスワーカーが一番効率の良い結果になりました。 近隣の勤務者はランチの需要が多いことが明らかになりました。

今後の方針

今後は継続的に近隣3km以内のオフィスワーカーに位置情報広告を配信を決定。 さらには、近隣5kmの広域に向けて、流動outsideAD(位置情報広告)の配信を検討しております。

さいごに

このケースのように、ipocaでは、課題ごとに必要な調査(データ)を選定し、
アクションプラン設計、実施、分析までお客様に寄り添った
最適な課題解決のサポートをさせていただいております。
課題解決のご相談は、お気軽にこちらからお問い合わせください。
世の中に無い
新しい価値を
一緒に創りませんか?